パワーハラスメント・職場いじめのQ&A〜パワハラを許すな〜 

あなたも10分後に実行できる!驚異のパワハラ&セクハラ円満解決法

知っていますか?パワーハラスメントについて。心当たりのある人は読んでみてください。

サイトマップ

パワハラは、キレやすい人の、特殊な個人的な問題か?

今のミドル世代の人たちは、自分たちが若いころに上司から怒鳴られるのが当然の世界に生きてきた。



それなのに、自分たちが教育指導の立場に立った途端に、「それは、パワハラじゃないか」といわれて、とまどっている。

確かに昔はまだ、上司の叱責を部下の側にも受け止める度量があった。

その時代は、それでよかった。

しかし、現代では、多くの部下たちは、上司の叱責を受け止める余裕はない。

叱る側にはもっと余裕がなくなり、自分の感情を部下にぶつける場合が多い。

どこの職場でも、人員減で、仕事量の増大、スピードアップ、ミスの撲滅が要求されている。

かつ、成果主義の導入と、短期間の成果効率が要求され、結果への評価が厳しくなっている。

このような職場環境の変化は、声を荒げる上司を激増させた。

しかし、そうした個人の叱責が善悪は別にしても、現代の職場で、熱血指導として、部下が受け入れるかどうかは、別問題である。

従来、この種の問題は「個人的な、相手の配慮を欠いた不注意な言動」として処理されてきた。

また、ごく一部の問題であり、特殊な当事者同志の問題として、無視されてきた。

したがって、その処理も大部分が、個人の責任であり、会社側の責任が追及されることは、少なかった。

しかし、現代のパワハラは、個人的な問題ではない。

なぜならば、職場では、上司の過度な叱責によって、自殺する事例が続出し、それが労働災害として認定されるケースも出ている。

そして、その原因となる職場のストレスが改めて問題になりはじめている。

まさにパワハラは、現代の職場環境の問題であり、誰にでも起こりうる問題としての取り組みが大切である。

わらにもすがる!職場いじめ・パワハラ解決本
はじめに
職場のパワー・ハラスメントの定義とその背景は
パワハラは、キレやすい人の、特殊な個人的な問題か?
「あなたは空気が読めない人(KY)だからパワハラを受ける」と言われた。この一言が割り切れない……。
最近職場で、「パワハラ」が話題になる。パワハラの判断基準は?
些細なミスで「お前は能力がない。クビだ」。この一言は仕方がない?
上司からのいじめで周囲から孤立している。協調性がない?
派遣先で上司よりいじめ。人事担当に直訴、更新打ち切り、派遣元からも解雇。不当労働行為?
育児休業を終了して、職場復帰を申請したら、会社から「仕事がない。子育てに専念しては」といわれた。自己退職の示唆は不当労働行為?
仕事中に暴言と暴力でけがをした。労働災害として申請可能か?
一方的な残業命令に対し、苦情を述べたら、口頭で業務停止、業務命令で雑用ばかり
パワー・ハラスメントに悩み、退職を決心した。自己都合退職は不利益?
パワー・ハラスメントを受けて、泣く泣く退職。自己都合退職となり、雇用保険が、三ヶ月支給されない。使用者の正当な労働行為?
上司のいじめに耐えられず、無断欠勤した。懲戒解雇と言われた。この場合の対応は?
上司の数回のいじめで口論になり、口頭で、退職を表明した。これは有効か?
職場での数回の嫌がらせに対し、裁判所に仮処分の申請は可能か?
パワハラが労働災害に認定された具体的な事件とは?
パワハラに関連してよく聞かれる「職場環境配慮義務」とは?
パワハラに関しての具体的労災認定基準が厳しくなった?
パワハラをあまり取り上げると、「職場が萎縮してしまう」とか「教育や指導ができなくなる」という声もあるが?
熱血指導とパワハラの違いはどこにあるか?
パワー・ハラスメントでの管理職の果たすべき責任とは?
なぜ、企業がパワハラを取り上げる必要があるのか?
パワー・ハラスメント防止研修を行う際の留意点は?
パワハラとセクハラとでは、苦情処理について、若干の違いがあるのか。パワハラの苦情処理のポイントは?
パワー・ハラスメントは、これまでの人事的な手法では処理の難しい問題だといわれるが?
あなたを救うパワハラ攻略マニュアル
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
うつ病で労災認定を受ける方法
薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ja 住宅ローン 金利



パワーハラスメント・職場いじめのQ&A〜パワハラを許すな〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。